転勤族でもできる仮想通貨

仮想通貨でセミリタイアを狙う転勤族エンジニアが色々な通貨や関連する技術について、誰が見ても分かりやすいように解説しています

仮想通貨トレード以外でもみかける用語、セリクラ、トレ転・マイ転・プラ転、VIXとは?

f:id:parato:20171121123206j:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto)です('ω')ノ

今回は仮想通貨トレードしているとよく聞く用語をいくつかご紹介したいと思います。

チャートを見る上での基本用語ではなく、Twitterやブログなどでよく見る単語をピックアップしました。

よく見るけど意味をきちんと理解してない単語などがあれば、この機会に理解をしてしまいましょう!

基本的な用語集 

仮想通貨に関する基本的な用語についてはこちらで解説していますので、基本を抑えたい方はこちらからどうぞ。

 

セリクラ

セリクラとはSelling Climaxの略で、中~長期的な下落相場の最終局面で市場は総悲観な中で起きる出来高を伴った急落のことを指します。

Selingは売り、Climaxは最終局面ということで売りの大底を作る場面といえます。

この急落によって信用取引などを行っている多くの投資家はふるい落とされて大きな損失を被り退場を余儀なくされることが多いです。

また、セリクラ後は需要が回復して上昇相場に転換することが多いです。

 

トレ転・マイ転・プラ転

 トレ転、マイ転、プラ転はそれぞれトレンド転換、マイナス転換、プラス転換の略でトレード中の流れが変わることを指します。

トレンド転換は上昇→下降、下降→上昇にトレンドが切り替わる場面を指します。

何をもってトレンドが切り替わったと判断するかは分析方法次第なのでここでは割愛しますが、下降相場では上昇相場が得意な人がトレ転を期待して待ち構える構図になります。

マイナス転換、プラス転換はトレードの損益がプラス→マイナスに変わるような場面を指します。

市場の動きとは関係なくご自分のトレード成績がどうなっているか、ですね。

 

VIX

VIXはVolatility Indexの略で日本語では恐怖指数という意味になります。

オプション取引ボラティリティを元に算出される指数で、指数は0スタートで通常10~20で推移します。

この指数が高まると投資家たちが不透明な市場の先行きに不安を持っていることが表されます。

そのため、政治情勢などの情報で急にたかまって市場が荒れることがあるので注目される指数でもあります。

 

まとめ

今回は仮想通貨以外のトレードでも使われる用語を解説したので役立てていただければと思います。

用語や指数などは知ったかぶりだと痛い目をみるので是非理解を深めておきたいですね。

 

ではでは

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin