転勤族でもできる仮想通貨

色々な通貨や関連する技術について、誰が見ても分かりやすいように解説しています

どんなセキュリティ対策をしている取引所がより安全か?最低限チェックしておきたい対策を解説。

f:id:parato:20180206230522p:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto)です('ω')ノ

今回は仮想通貨取引所が実施しているセキュリティ対策についてまとめたいと思います。

 私たちが仮想通貨や法定通貨を預けて取引を行う場を提供してくれている仮想通貨取引所ですが、取引所によってセキュリティ対策がまちまちで安全性にかけるところもあったりします。

そういった取引所で取引をするな、という意味ではありませんが常にリスクと隣り合わせであることは認識しておいた方がよいですね。

個人でいくらセキュリティ対策を進めても限界がある

以前個人でできるセキュリティ対策については記事にまとめましたが、個人でできる対策というのは取引所が提供しているサービスに乗っかって対策するということなので取引所のセキュリティがそもそも脆弱だと意味がないんですよね、、、

少なくとも完璧なセキュリティを持つ取引所は存在しないわけですが、利用する取引所がどのようなセキュリティ対策を行っているか私たち自身で理解していれば多少は安心感を持って資産を預けられると思います。

日本でもハッキング被害が・・・

日本においてもハッキングによる取引所からの仮想通貨流出事件は起きています。

自分の資産もいつその被害にあうかわかりません、、、

GOXという言葉が誕生したMtGOX事件

現時点では世界最大規模の流出事件となったコインチェック騒動

ここは見ておきたい取引所のセキュリティ対策

取引所が取り組んでいるセキュリティ対策について少なくとも以下の点についてはチェックしておくべきだと思います。

顧客資産分別管理

取引所は顧客から預かった資産と取引所が持っている資産を別々に管理し運営を行わなければなりません。

これは全ての仮想通貨取引所義務付けられていることなのでこれを行っていない取引所にもし資産を入れているような場合はすぐに避難させた方が良いです。

この分別管理自体は有価証券企業でも義務付けられていて、仮想通貨界隈も追従した形になります(/・ω・)/

 

ウォレットの署名

仮想通貨をウォレットから送金する際はブロックチェーン上にトランザクション承認を求めますが、その際秘密鍵の署名が必要となります。

この秘密鍵の必要数が複数の場合マルチシグといって1つの秘密鍵で取引承認ができるウォレットに比べてセキュリティは高くなりますね( ˘•ω•˘ )

BTCでの取引では当たり前のように実装されている機能でBTCブロックチェーン上のアルトコインでも実装されている場合が多いです。

ただし、これも通貨や取引所によって実装していない場合もあるのでできれば実装している所を利用したいですね。

コールドウォレット or ホットウォレット

仮想通貨はウォレットアプリにて管理するわけですが、オンライン上のウォレットをホットウォレットオフライン上のウォレットをコールドウォレットと言います。

当然セキュリティ上はコールドウォレットに保管し管理している方が優位ですが、オフライン上に保管しているため、実際に取引等で利用する場合は手動で操作する必要があるため、手間やコストが大きくなってしまうデメリットもあります。

取引所によっては併用していたり、通貨毎にどちらかだけで運用していたりするので、利用する取引所が保持通貨でどのような管理をしているかチェックしておくべきですね!

SSLタイプ

これは仮想通貨の技術ではなくインターネット上の情報管理に関するセキュリティ対策になります。

いわゆるhttpsで始まるURLとなっているページを指しますが、これになっているかなっていないかで個人情報を暗号化して扱っているかいないかがすぐわかります。

SSLのタイプの中にもいくつかあって同じhttpsページでも緑色でURLが表示されているページは実在証明も兼ねているのでより信頼度が上がります。

暗号化アルゴリズム(署名ハッシュアルゴリズム

httpsかどうかで個人情報を暗号化して取り扱っているかがわかりますがWeb上で取り扱う情報の暗号化アルゴリズムについてもセキュリティの強弱があります。

最近はほとんどがSHA-256で運用されているようですが、稀に脆弱性があるSHA-1で運用されている場合があるので注意が必要です。 

取引所のセキュリティレベルを評価するサイトもある

アメリカの「Sqreen」と呼ばれるWebアプリケーション向けのセキュリティプラットフォームが世界140か所の仮想通貨取引所について調査したところ日本で最も評価が高かったのは「bitFlyer」だったとのことです。

そのほかの取引所についてはほぼ同等の評価だったようです。

大事なのはいつも失う覚悟

どのような取引所に仮想通貨を保管していても(自分で管理していても)資産を失う可能性は0%ではないので、常に失うかもしれないということは念頭に置いて取引に臨んでいきたいですね!

まぁ、あんまり気にしすぎると寿命縮んじゃいますから気楽にいきましょう、というのが個人的なところです(^ω^)

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ではでは