転勤族でもできる仮想通貨

色々な通貨や関連する技術について、誰が見ても分かりやすいように解説しています

Litecoin(LTC)とは?について学ぶ。

f:id:parato:20180117224601p:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto)です('ω')ノ

今回は数あるアルトコインの中でも古参コインであるライトコインについて書きたいと思います。

ビットコインが金(希少資産)ならライトコインは銀(実用資産)として開発がスタートしたライトコインについて見ていきましょう。

 

Litecoin概要

内部通貨:LTC

公開日:2011年10月

承認アルゴリズム:Scrypt(Proof of Work)

発行枚数:8,400万枚

公式ページ:Litecoin

Litecoin(日本語)

 

 

Litecoinは他のアルトコインと比べてかなり古いコインで技術的にはBitcoinブロックチェーンを踏襲しています(/・ω・)/

マイニングで報酬が得られるのも同様ですし、報酬額もBTC同様です。

トランザクションの承認速度がBitcoinの約10分に対して約2.5分と4倍の速度で処理できることから、マイニングによるインフレ率を調整して総発行枚数がBitcoinの4倍である8,400万枚になっています。

Litecoin特徴

基本的な特徴はBTCについての記事を読んだ方がいいかもしれませんw

技術的にはBTCのブロックチェーンがベースとなっています。

BTCとの違いは実用性を確保するために

・承認速度の向上(約10分→約2.5分)
・処理速度向上に伴うインフレ率調整のための発行枚数上乗せ(2,100万→8,400万)
・マイニングを容易にするための暗号化方式の変更(SHA-256→Scrypt)

以上3点を実行していることかと思います。

承認速度と発行枚数については前述の通りの違いがありますが、暗号化方式の変更もトランザクション承認を早くする一因となっています。

ScryptはGPUマイニングに向いている暗号化方式で比較的マイニングしやすいのでマイニングに対する参入障壁が低いため実用的なトランザクション承認環境を整えることができるようです。

というわけなんですが、プログラミングの専門家ではないので詳しくは説明が難しいですが、実はLTCがScryptによるGPUマイニングがしやすかったのは以前の話。

現在はASIC(マイニング専用ハードウェア)の開発が進んできているためあまりこの優位性はないようです。

むしろマイナーな暗号化方式であるScryptに対して脆弱性があるのでは?と懸念もあるようです。

Litecoinの今後

 

Bitocoinの実用的な運用Verとして稼働を目指していたLitecoinですが、実はLitecoinの開発創始者であるLee氏は2017年の年末に所有していたLTCを全て売却してしまいました( ˘•ω•˘ )

しかし、この売却はLitecoinから手を引くというわけではなくより開発に専念するためとLee氏は説明しています。

Lee氏の発言を抜粋するならLTCの成功に対して強く主張できる、とのことです。

 

 LTCが実際に実用的な場面で利用できるようになるのはいつ頃になるかわかりませんが、BTCブロックチェーンを基に作られた仮想通貨ですので注目しておいて損はない通貨かと思います!

 

LTCが日本円建てで簡単に購入できるのはCoincheck!登録は簡単、すぐに仮想通貨投資を開始できますよ。

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

LTCを海外取引所で売買する場合はBTCをまず購入する必要があります。

Coincheck以外にもZaifでも日本円で簡単にBTCを購入できますよ!

ではでは