転勤族でもできる仮想通貨

24時間365日取引可能な仮想通貨に関する内容を解説しています。

【税務署にいって聞いてきた】仮想通貨の利益に対する税処理について解説②

f:id:parato:20171223222505j:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto)です('ω')ノ

仮想通貨の税処理についての解説の続きを書きたいと思います。

その①では国税庁が出している仮想通貨での利益の計算方法についてまとめました

 その②では実際に私が質問した内容とその回答をまとめたいと思います。

ちなみに地方都市のとある税務署での判断内容ですので読者の方が住んでいる地域を管轄する税務署では判断が異なる場合があるので必ずご自分で確認を!

質疑応答にあたっては国税庁の発表内容は一読した上で相談していいる旨は伝えてあります。

国税庁の発表内容とかぶる部分もありますが実際に質問した内容は全て載せます。

税務署での相談内容【Q&A方式】

Q1:損失計算は同じ年度内であれば雑所得区分内で通算可能の認識で間違いないか?

 A:事業所得として分類されない限りその認識で間違いない。

Q2:取得価格の計算は移動平均と総平均の両方で示されているがどちらがよいか?

A:継続で計算するのであればどちらでも良い、ちなみに仮想通貨の種類が異なるのであれば計算方法を分けても良い、計算が絶対に合わなくなるのでおすすめはしない。

個人的には追加取得の事も考えて総平均で計算が簡単かと思う、ただし支払う税額は多くなる。

※総平均では利益確定後に追加取得した場合は別途計算する必要ありとのこと。

Q3:海外取引所での取引も課税対象になるかと思うがJPY換算はどのように行えばよいか?

A:レートについては終値やTTB等、何を基準にしてもOK、ただし継続して使用すること。

レートの取得もどこからでも良いが、これも継続して使用すること。

Q4:仮想通貨はアドレスを使って取引所(販売所)を簡単に移動できるが、複数の取引所を経由して売却した場合取得価格はどこを参照すればよいか?

A:最初に取得した取引所(販売所)を参照すること、売却価格は売却した取引所(販売所)で良い。

Q5:GOXやハッキングによりロストする可能性がある、この場合損失として計上できるか?

A:(GOXの説明を聞いた上で)日本の警察に被害届として提出されていれば対応できる。それ以外の場合は対応不可。

※実質対応不可ということになります。

Q6:レンディング(貸付)で増えた分はどの所得分類になるか?

A:貸付の場合雑所得になる、預金金利(利子所得)と一緒にしないように注意。

Q7:PC代、電気代をマイニングする経費として計上してよいか?

A:可能と考えるがPC代、電気代の機能や料金全てがマイニングに利用されるわけではないはずなので使用割合を合理的に説明できるようにして申請すること。

基本的な扱いは減価償却と同様になるので参照してほしい。

Q8:初歩的な質問になるが含み益は課税対象外で良いか?

A:課税対象外となる。

Q9:原資分だけ利確した場合の課税は?

A:移動平均の場合は得られた金額から利確時の平均取得価格×利確した仮想通貨数量を引いて差額が課税対象となる。

例えば、10万円で1.0枚を購入して100万円に高騰した時に10万円利確したとすると

得られた金額10万円-平均取得価格10万円×利確した仮想通貨数量0.1枚=9万円

となって9万円が課税対象となる。

住民税は納税確定、利益の総額が20万円を超えていれば所得税も納税。

追加で取得している場合平均取得価格が変わってくるので計算が煩雑になる。

総平均の場合は1年間の総額でみるので先ほどの計算では課税対象は0円だが移動平均のように損失を持ち越せないので不利になる場合が多い。

Q10:端数の問題等で計算が合わないことが予想されるがこの対応は?

A:申し訳ないが合わない分(利益が多めになる場合)は多めに払ってもらうしかない。足りない場合は追加徴税の対象となってしまう。

まとめ

以上10項目に分けて質問しました。

日本の税務署は初めてでしたが海外の税務署のようにフランクでなく対応の丁寧な人で非常に話しやすかったです( ^ω^ )

私自身はマイニングは行っていませんが今後の参考のために聞きました。

一番参考になったのは取得価格の計算についてと原資分を抜くような利確をした場合の課税についてですね。

実際はもっと色々な売買例を出してもらって移動平均と総平均の課税額の違いについて説明してもらいました。

移動平均は計算が大変ですが比較的きっちり納税額を計算できるようです、総平均は計算は結構楽ですが利益の総額が見えづらくて通貨の買い増しが多い状態で利確してしまうとかなり多めに納税することになりそうです、、、

結局話を聞いていると自分一人で計算し続けるのはナンセンスなのでお世話になっている税理士に丸投げすることを選択しました( ˘•ω•˘ )

年明けは取引履歴等の書類を用意するのに追われそうです_(:3 」∠)_

 

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

 

普通のサラリーマンでも追加納税しなきゃいけないほど稼げる仮想通貨に興味を持ってはじめてみたいという方は日本円建てで簡単に仮想通貨を購入できるコチラの取引所をおすすめします!

2018年も仮想通貨市場全体は伸びていくのは間違いないですし、始めるなら今!

登録も簡単ですぐに仮想通貨投資を開始できますよ。 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ではでは