転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

【歴史は繰り返す】チューリップバブルとは?ビットコインも同じ運命を辿る?

f:id:parato:20171207114513j:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto)です('ω')ノ

 

今回は金融界で最古のバブルと呼ばれている「チューリップバブル」について書きたいと思います。

約400年前に起きたこのバブルですが、価格が市場の評価に対して異常に高騰し突然大きく下落する値動きにたいする比喩表現として定着しており、仮想通貨(特にBTC)に対して最近はよく言われますね。

チューリップバブルの概要

 17世紀初頭、ネーデルランド連邦共和国(現在のオランダ)では貿易により国全体の資産を大きく伸ばしていた時期でした。

貿易の一環でチューリップの種子と球根が輸入されそれを栽培したところ、

<貴族・富裕層達>

なんか、他の花と形も色も違って珍しくね?

これ、ほしいわ(・∀・)

と、お金をもっている方たちの反応が非常によかったために貿易商たちがこぞって輸入を開始。

そのため、品種も一気に増えて贅沢品としての地位を確立しました。

増えた品種はグループ分けされて貴重な新品種に対しては"提督"だの"司令官"だの名を冠した物が登場し価格はますます高騰します。

先物で取り扱われるようになる

チューリップは4,5月に咲き、6~9月に種子と球根を収穫します。

そのためそれ以外の期間は現物による取引ができないため、商人達は先取りして期限と価格を決めて取引を始めます。

いわゆる、先物取引が開始されるわけですね、当時は公証人を立てて署名形式で契約を取り交わしていたようです。

これによってオランダにおけるチューリップは金融商材として認識され市場を形成します。

ちなみに、当初は空売りもできたようですが後々規制され空売りはできないものとなりました。

価格はグングン上昇

ひとつの花びらに2つの色が混じるウィルスの存在が発見され、そのウィルスに感染した種子や球根は特に高値で取引されるようになり1636年までに同時の通貨で2,500ギルダーまで高騰します。

2,500ギルダーというのは当時の高給取りが150ギルダーぐらいだったらしいので年収の17倍ぐらいの価格がついていたことになります。

2,500ギルダーを現在の価格に直すと10億円近いとも言われます。

この頃になると元々商材として取り扱っていた商人達は姿を消しており、一般の市民達が投資に熱狂していたといわれています。

球根1個の取引でそのレベルなので球根を売買していた人たちは1日で一生分の財産を築いたり、逆に無一文になったりしていました。

そしてバブルは崩壊する

冬の間に価格が上昇していった球根たちは先物取引による契約だったために実際の球根のやりとりは行われず価格だけが一人歩きしていき、1637年2月についにバブルが崩壊します。

バブル崩壊のタイミングは先物取引の契約履行される(チューリップの栽培が開始される)3月を前に起きたもので先物取引で資産を担保としていた投資者達は一気に財産を失うハメに、、、

チューリップバブルの値動き(諸説あり)

f:id:parato:20171207105121j:plain

この大暴落により投資していた人たちは大パニックに陥り取引相手を提訴したり非難したりと散々な状況になったようです。

オランダ政府は解決策として契約の約10%の支払いを行えば契約破棄を可能とする方針を示しましたが混乱の収束には数年を要したようです。

BTCの値動きもチューリップバブルのようになるのか?

天然商材で起きたチューリップバブル先物取引のような形態で取引を行っていると価格だけが一人歩きしてボラティリティが非常に大きくなりやすかったようです。

このバブルでオランダには混乱が生じたようですが、現物やり取りがなかったこと契約のみが一人歩きしたこと等の点からオランダの経済全体には大きな影響はなかったようです。

 私達の関心はこのバブルが仮想通貨、というかBTCでも起きるのかどうか?ですよね。

BTCの価格チャートは上昇の仕方がチューリップバブルと似ていることもあり槍玉によくあがっています。

しかしながら、アメリカのNASDAQからはいくつかの要素からBTCはチューリップバブルとは異なると声明がありました。

 NASDAQが挙げた要素は以下のような内容です。

  • 資産退避先としての認知が広まっている
  • BTCには発行枚数の上限が定められている
  • 法整備等によるBTC市場の成長受け入れ
  • 導入加盟店が拡大している
  • BTCの流れは始まったばかり(まだまだこれから)

まとめ

チャートだけみると確かにチューリップバブルとBTCは似ているのかな?と思い調べ始めましたが、調べれば調べるほど背景が異なり全く違うとは言えないものの同じとも言えないなぁ、というところです。

個人的には違う部分のほうが大きいので歴史的事象として参考にはするもののバブルとは言い難いかな、という印象です。

BTCはココ最近ATH状態でどこまで伸びるかわかりませんが、注意をしながら投資したいですね。

 

歴史は繰り返すのか?w

 

まだまだ価格上昇が期待できるBTCに興味を持った方は日本円から簡単に仮想通貨を購入できるコチラの取引所をおすすめします!

登録も簡単ですぐに仮想通貨投資を開始できますよ。 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ではでは