転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

金融庁によるICOに対する見解が発表された。

f:id:parato:20171028191604j:plain

どうも、ぱらと(@ParatoCrypto) です('ω')ノ

 

2017/10/27に金融庁よりICOに関する注意喚起が発表されました。

ICOに関する注意喚起について(金融庁)

利用者に対して

以下2点の高いリスクがあると注意喚起しています。

価格下落の可能性

発行されたトークンの価格が急落したり、無価値なってしまう可能性があるとしています。

詐欺(scam)の可能性

ICOではホワイトペーパーが一般的に発行されますが、その内容が実行されなかったり便乗した詐欺に利用される可能性があるとしています。

 

ICO利用に際してはホワイトペーパーをよく読んで内容を理解した上で自己責任の下投資を行ってください!

 

また、金融庁では相談窓口を設置しています(リンク先にも記載有)

金融サービス利用者相談室(仮想通貨を含む金融サービスに関する相談)

平日10:00~17:00

TEL:0570-016811(IP電話PHSからは03-5251-6811)

消費者ホットライン(不審な電話などをうけた場合)

TEL:118

警察相談専用電話(詐欺と思われるトラブルに関する相談)

平日8:30~17:15

TEL:#9110

または最寄りの警察署まで!

事業者に対して

ICOに取り組む事業者に対しては資金決済法や金融商品取引法等の規制対象になるとした上で、登録や関係法令に求められた義務を履行するように求めています。

当然、登録なしに事業を行った場合処罰の対象になるとのことです!

事業者からの相談については各地域の財務局まで相談するように、とのこと(/・ω・)/

他国のICOに対する状況

今回の金融庁の発表は具体的な規制についての内容ではありませんでしたが、リスクが高いものとして取り扱い始めたという指針を示すことになりましたね(; ・`д・´)

他の国のICOに対する規制状況については別途まとめているのでご参照ください。

ICOはキックスタートする国によって遵守するルールも変わるので参加する私たちとしては各国の規制状況はよく理解しておく必要があると思います('ω')ノ

 

 ICOの参加には注意が必要ですが、参加するにはまず仮想通貨を購入する必要があります!

日本円建てで簡単に購入できる取引所はコチラ、登録も簡単ですぐに仮想通貨投資を開始できますよ。 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ではでは