転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

SWELL終了!各日の情報まとめ

f:id:parato:20171011213326p:plain

どうも、ぱらと@ParatoCryptoです('ω')ノ

 

予定通り10/16-18にトロントで開催されたリップル社主催のカンファレンス「SWELL」について、遅ればせながら各日毎に内容をまとめていきたいと思います。

まずSWELLってなんぞ?って方はこちらをお読みください。

SWELLのスケジュール

1日目

12:30〜13:30(日本時間1:30-2:30)

 元FRB議長Ben Bernanke氏と、クリントンオバマ政権下で国家経済評議会長と国家経済顧問を担当していたGene Sperling氏による対談

14:00〜15:00(日本時間3:00-4:00)

 将来の銀行の決済方法に関する講演

 参加企業:GE Capital、airbnb、WORLD BANK

15:30〜16:30(日本時間4:30-5:30)

 グローバル市場拡大に伴い金融機関にとっての新たな収益チャンスはあるのか

 参加企業: Santander、SBI Ripple AsiaSCB

17:00〜18:00(日本時間6:00-7:00)

 内容:デジタル資産による決済について

 参加企業:Bussmann、Veem、Ripple

2日目

12:30-13:30 (日本時間1:30-2:30)

 World Wide Webの考案者Tim Berners-Lee氏によるWebの構想・開発についての議論とWebの今後の展開について。

14:00-14:45 (日本時間3:00-3:45)

 新決済システム構築により今後この分野でどうやって成長していくことか。

 参加企業: McKinsey、dLocal、Cambridge Global Payments、UAE Exchange

15:00-15:45 (日本時間4:00-4:45)

 銀行がrippleを使用する際のビジネスケースの構築方法。

 参加企業:Ripple、Mitsubishi UFJ、SBIレミット、サンタンデール銀行スカンジナビア・エンスキルダ銀行、イエス銀行

16:00-17:00 (日本時間5:00-6:00)

 ブロックチェーンの将来について。

 参加企業・人物:Coindesk、Hyperledger Project、VITALIK BUTERIN(イーサリアム創業者)

3日目のスケジュール

12:30〜13:30(日本時間1:30-2:30)

 DON TAPSCOTT氏による閉幕講演

 内容:ブロックチェーン革命について

1日目のトピックス

Topics

・ビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携発表

オープンソースソフトウェア「Mojaloop」の発表

 

SWELL1日目での最もホットな内容は公式から発表されたゲイツ財団との提携およびオープンソフトウェアの発表でしょう!

 MojaloopとはILPを活用したモバイル決済プラットフォームを構築するためのオープンソースソフトウェアのことで、貧困で口座をもてない人でも送金ができるような決済サービスにするとのことです。

財団からの公式pressは↓

Bill & Melinda Gates Foundation Releases Open-Source Software to Support Efforts that Expand Access to Financial Services in Developing Countries - Bill & Melinda Gates Foundation

 世界最大の慈善基金団体との提携ということでSWELL開催への期待上げと合わさりXRPは一時ここ最近の高値をたたき出します。

しかし、その他の発表においては具体的に起爆剤となるような発表はなく1日目終了時には価格は大きく下落してしまいました、、、(-_-)

2日目のトピックス

大きなトピックスは・・・なし

 

2日目はイーサリアムの創設者であるビタリック氏を交えた対談が注目されていましたが、対談の内容やそこであった質疑応答の内容はRipple/XRPの未来を示すようなものはなく市場は期待感を失いさらにXRPは下落しました(; ・`д・´)

3日目のトピックス

3日目も大きなトピックスはなし( ;∀;)

 

3日目の閉幕講演でもXRPの価格上昇につながるような材料はなし。

しかしながら、講演内ではブロックチェーンが金融界に与えた影響や企業への影響等を説明しており、今回のカンファレンスはRippleが今後どのような企業・分野を繋がっていくかを示す内容であったと語っています。

XRPの価値を上げるために開催したわけではなく、段階を追って進歩していくべきだとも質疑応答で語られています。

 

実際、XRPはSWELLの直前に実送金の実験を成功させる等、着実に開発を進めています。 

まぁ、SWELLにかぶって日本では余計なニュースが流れたりもしていましたが(リップルトレードジャパン、、、)

本筋であるRipple社は健全であり今後の進歩にも期待がもてるということはSWELLの内容からわかりました。

Ripple/XRPの今後

価格上昇に直結するような材料はなかった今回のSWELLですが、ブロックチェーンや金融に関する著名人を多数集めてのカンファレンスは仮想通貨界隈にとっても貴重なものだったんじゃないでしょうか?

少額ではありますが一リップラーとして今後も開発状況に対して注視するとともに応援していきたいと思える内容だったと私自身は感じました。

 

ちなみにカンファレンスの様子は一部Youtubeにもアップロードされているので興味のあるかたは是非ご覧ください。

Ripple - YouTube

Follow the Flows: Strike While the Iron’s HotというタイトルからThe Blockchain Revolution: State of the World Address というタイトルのものががカンファレンス時の物になります。

カンファレンス時の録画になるのでそれぞれ長いのでご注意を(; ・`д・´)

 全部見てたらSWELLに関する更新がこんなに遅くなってしまいました( ;∀;)

 

 今後も界隈への応用が期待されるXRPを日本円建てで簡単に購入できる取引所はコチラ

登録も簡単ですぐに仮想通貨投資を開始できますよ。 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

同じく日本円建てでMONAコインといった面白い通貨を買えるのはコチラの取引所

ではでは