転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)とは?ビットコインから分裂したBTGについて学ぶ

f:id:parato:20171101143058p:plain

どうも、ぱらと@ParatoCryptoです('ω')ノ

 

今回は10/25にハードフォークが迫っているビットコインゴールドについて書きたいと思います。

Segwit2xの話題も尽きない最近ですがビットコインがまた分裂するということで注目されています。

Segwitについては↓でまとめていますので、まだSegwitについて知らない!というかたは是非ご一読ください(`・ω・´)

Bitcoin GOLD概要

ハードフォーク日程:2017/10/25

発行枚数:2,100万枚

アルゴリズム:Equihash

提案者:LightningASIC(Hongkong)

 

総発行枚数はビットコインと同じ2,100万枚でアルゴリズムにはEquihashを使用しています。

Equihashについて詳しくなかったので調べたところZcashで採用されているアルゴリズムGPUマイニングに適したアルゴリズムのようです。

ASICによるマイニングを防ぎ、マイナーの集権化を防ぐ意味があるとのことです。

詳しくは別でまとめたいですがビットコインとは一線を画すようですね、、、(; ・`д・´)

Segwitにも対応しているようです。

Bitcoin GOLD誕生の経緯

ビットコインゴールドは香港にあるマイニンググループLightningASIC社が提案してハードフォークすることになった通貨です。

概要にも書きましたが、ASICによるマイニングでマイナーの集権化が起こりやすい現在のビットコインの状況を改善したい意図があって提案を行ったようです。

ハードフォークにあたって、直前にBCCという通貨が分裂している事やSegwit2xの分裂も11月に控えておりこの短期間にビットコインが4つに分裂する!ということでどの通貨も話題になっています。

scam騒動

ビットコインゴールドが話題に登るにつれて市場では10/1に既にフォーク済であるとか、プレマイニングにより開発者がすでに通貨を得ている等憶測が飛び交ってscam(詐欺)案件ではないかと悪い意味で話題になります(; ・`д・´)

しかし、この詐欺騒動については公式Slackで否定されて騒動はいったん収まりました。

f:id:parato:20171019232524p:plain

プレマイニングの自体は避けられましたが、結局やっていることは法定通貨の無限発行と変わらないのでは?という指摘が入ったりと期待感は市場の期待感は薄いように感じられます。

取引所の対応

ビットコインゴールドのハードフォークに伴い、各取引所も続々と対応を発表しています。

HitBTC announcement on Bitcoin Gold and SegWit2x – HitBTC Official Blog / HitBTC

HitBTCではBTG付与とトレードの対応を発表

インチェックではビットコインの取引情報に合わせてBTGの付与を決定しています。

対応を発表している取引所では所持しているビットコインと同数かそれに近い量のBTGを付与してくれるようですね(/・ω・)/

ハードフォーク後のビットコインゴールド

ビットコインと同数の発行が決まっているBTGですが、所持しているビットコインと同数無料で貰えるということでBTCに資金が集中し価格が一気に上昇しました。

もちろんBTGだけが上昇の材料ではありませんが色々重なって一時は66万付近までいきましたね。

25日以降各取引所で上場され価格がつけばハードフォークによる仮想通貨の増殖が止まらなくなってしまうかもしれませんね。

分裂し続けるということは無限に発行される法定通貨と違いがなくなってきてしまい、開発意図を無視した方向に進みかねないのでそれは注意する必要がありそうです(; ・`д・´)

 

今後もBTCの分裂には目が離せません。

BTCを日本円建てで簡単に購入できる取引所はコチラ、登録も簡単ですぐに仮想通貨投資を開始できますよ。 

 

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ではでは