転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

ICO「ALIS」のトークンセールに参加してみました。

f:id:parato:20170929190312j:plain

どうも、ぱらと@ParatoCryptoです('ω')ノ

 

今回はICOのALISのトークンセールに参加してみたのでALISについて学んだ内容と今後について書いていきたいと思います(/・ω・)/

結果的にはトークセールに駆け込みで参加した形になりました。

ICO ALISとは?

公式ページ:https://alismedia.jp/ja/index.html

Whitepaper:https://alisproject.github.io/whitepaper/whitepaper_v1.01_ja.pdf (JP)

      https://alisproject.github.io/whitepaper/whitepaper_v1.01.pdf (EN)

TwitterALIS (@ALIS_media) | Twitter

Blog:ALIS – Medium

ALISとは簡単に言うと、日本初のブロックチェーンを用いた分散型ソーシャルメディアサービスを立ち上げるためのプロジェクトです。

報酬として独自トークンのALISを用いて、質の高い記事を書く信頼できるユーザーに素早くたどり着けるプラットフォームを構築しようとしています。

報酬が支払われる仕組みとしては、①質の高い記事を書くユーザーと②質の高い生地を早く発見して"評価"したユーザーに対して支払われるようです。

また、記事提供者の地位を守るために①の方が報酬割合は高く設定されるようになります。

これらの構想はALISのコアメンバーが同様のソーシャルメディアであるSteemに着想を得ていると語っています。

既に成功しているSteemをベースに開発することでALISも成功できると語っていますがSteem内の煩雑な報酬制度は採用せずブラッシュアップさせて展開したいとも語っています。

 

詳しくはホワイトペーパーを読むことをお勧めします、日本語でも公開されていて非常にわかりやすいです。

また、ハイパーニートのポイんさんも記事にされているのでこちらを読んでもいいかもです(/・ω・)/

ICOによる資金調達

ALISでは9/1~9/29の期間ICOによる資金調達を行っていました。※すでに終了しています。

出資に対して独自トークンのALISを配布するトークセールの形式をとっておりETHによる送金が必要でした。

最低調達資金は3.5億円で結果的に約4.3億円を集めました、つまりICO的には成功ということですね(`・ω・´)

今後は調達した資金を基にホワイトペーパー通り開発を進めていくことになります。

ICOトークセールへの参加

トークセールは参加が早いほどリターンのALISトークンも数量が多かったですが、私が参加したのは最終週になってしまったので1ETH=2,000ALISのリターンでした。


何故こんなに遅い参加なの?と思われるかもしれませんが、仮想通貨について、ICOについて勉強してから・・・とやっていたら遅くなってしまいました。

で、参加自体迷いましたが、最終週のリターンでも価値はありそうだなと踏んでコインチェックにあったETHから2.0ETHを引っ張り出して出資しました( ^ω^ )
手続きの間の手数料を引いて合計3,971.6ALISをゲットです(/・ω・)/

 

参加時点で最低出資額は確保していたのでALISの上場を期待して間違いと思います!

ALISミートアップが開催されました

トークンセールが終了した本日、2017.09.29にALISはミートアップを開催しました。

 今後のALISについての解説があったようですね、Twitterで漏れてきた内容を見る限り大いに盛り上がったようです( ^ω^ )

 ALISの正式リリースは1年以内を目指しているようなので、今後の開発進捗をチェックしながらリリースを待ちたいと思います(`・ω・´)

日本発のICOということもあり出資前から応援したい気持ちはあったので、今後も応援していきます!!!

 

ではでは