転勤族でもできる仮想通貨(暗号通貨)投資

24時間365日取引可能な仮想通貨について解説していきます。

MENU

仮想通貨独特の用語集

どうも、ぱらと@ParatoCryptoです('ω')ノ

今回は仮想通貨投資を始めるにあたって自分なりに気になった、あるいは調べないと話が理解できなかった用語についてまとめたいと思います。

f:id:parato:20170826010454p:plain

 仮想通貨界隈で使われている用語ってFXや証券で取引してたような人でもわからないチンプンカンプンな用語が多いと思うんですよね。

そもそも、投資のスタートが仮想通貨だった私としてはですね、どの用語を見ても全てがチンプンカンプン( ゚Д゚)

 

もちろんそれを含めて勉強しながら進めていくのが今回の挑戦の趣旨でもありますが基本的な投資に関する用語も併せて勉強しながらなので本当に苦労が多くて多くて。

せめて同じ仮想通貨初心者の方の役に立てるようなページにできればと思います。

取引所の公式用語集

最初にわからない用語にぶつかったときまず思いついたのが取引所とかそういうところに公式用語集ないかな?ということ。

もちろんありました! 

私が特に参考にしたのは以下2つの取引所の用語集ページ。

bitflyer(ビットフライヤー) 

coincheck(コインチェック) 

ここにある用語を一通り理解できればとりあえず取引する分には困ることはないと思います。

綺麗にまとまっているので辞書的にも使えますし、結構おすすめです。 

じゃあ、ここだけ見ていればOKじゃないの?って、そんなことないんですよね~

SNS上なんかで情報を集めようとするとスラング的な用語がたくさん飛び交っていて公式用語だけでは理解できないものが多い現実があります( ;∀;)

 

Web上でよく目にする仮想通貨に関する用語

 では、次にSNS上などでよく見かける仮想通貨用語についていくつかご紹介していきたいと思います。

握力

 仮想通貨をホールドし続ける力という意味で使われる。

握力が強い=ホールドし続ける強い精神力という感じ。

 

アルトコイン

bitcoinビットコイン)に対してその他の仮想通貨(暗号通貨)全てを指します。

Alternative Coin(代替コイン)からきています。

 

板(買い板、売り板)

仮想通貨の価格を入力して買い注文したり、売り注文する場(ページ)を指します。

短期トレードしている方でずっと板を見ている人のことを「板に張り付いている」と言ったりします。

 

ウォレット

仮想通貨を保管しておく財布を指します。

仮想通貨の場合は財布を開け閉めするパスワードの管理の仕方が重要になりますが、パスワードの保管の仕方によってペーパー、デスクトップ、オンラインウォレットと呼び方が変わります。

それぞれリスクはありますので自分に合った保管方法を選択しましょう。

 

カタパルト

仮想通貨NEMの情報処理能力を飛躍的に向上させるアップデートのことを指します。

飛行機のカタパルト台になぞらえて呼ばれているようです。

このNEMのカタパルトに合わせて価格が大きくあがるといわれています。

 

ガラ/ガラる

価格が暴落することを指します。

ガラガラと値が崩れる様子、、、ではなくナイアガラの滝からきているようです。

使い方は「これから〇〇はガラるから売り」等

 

CC(シーシー)

日本の仮想通貨取引所coincheck(コインチェック) の略称です。

 

仕手

市場を人為的に操作するほど大きい取引をする事/人を指します。

 

ショート

売り注文のこと、反対語は「ロング」で買い注文のこと。

 

短期/長期

仮想通貨の保有期間が短いか長いかを指します。

値動きの激しいときに短期で利鞘を狙うか、長期での価格上昇を期待するかで保有期間を調整するのが投資のコツ!(だと思っている、、、)

 

ポロ

poloniexという海外の仮想通貨取引所のことを指します。

数多くの仮想通貨を取り扱っており、手数料も日本の取引所に比べて格安です。

 

ムーン

価格が急上昇することを指します。

To the Moonの言葉からきており、アルトコインのDogecoinの価格急上昇場面で出てきた言葉のようで月まで届くような勢いで価格が上昇するという意味らしいです。

 

ヨコヨコ、リバ

ヨコヨコ=相場に動きがないこと、リバ=暴騰暴落の後値動きが反転することを指します。

 

以上になります。

今後も私自身気になる用語があれば追記していく予定です!

 

8/29 追加

イナゴ

好材料通貨に短期集中で集まり利確後去っていく個人投資家のことを指します。

秋の収穫時期に大量発生して農作物を荒らすイナゴからきているようです。

イナゴたちによって形成されたチャートをイナゴタワーといい、一気に上がり、一瞬で下がるジェットコースター型のチャートを形成します。

通常のイナゴの他、養分イナゴや煽りイナゴ等、複数種類存在する模様。

 

気絶

将来的な値上がりを期待して通貨購入後一切手を付けないことを指します。

例)XRP買って気絶しておく(ずっとホールドしておく)

 

トーク

ビットコインブロックチェーン上で発行される独自の通貨を指します。

採掘で得られるタイプと発行元があるタイプがあります。

トークンの価値は発行元によって決まるといってもいいため取引の際は注意しましょう。

9/2 追加

極端に大きな注文が入ると板に現れる。

価格変動により壁が崩されると大きな値動きが!

買い板に現れると買い壁、売り板に現れると売り壁という。

↓こんな感じ

f:id:parato:20170902234437p:plain

ソフトフォーク/ハードフォーク

ブロックチェーンで規定されているルールを変更することを指します。

ソフトフォーク

既存のブロックチェーンと互換性があり新旧両仕様のブロックチェーンが存在します。

ハードフォーク

既存のブロックチェーンとの互換性はないため一新した仕様でブロックチェーンが連鎖していきます。

有名なハードフォークといえばビットコインビットコインキャッシュ、イーサリウム・イーサリウムクラシックのハードフォークですね。

ネガティブな話題と捉えられがちですが、イーサリアムメトロポリスへのアップデート等、性能向上での場面でも用いられます。

 

スマートコントラクト

明確な定義はまだないようですが、仮想通貨界隈での広義的な意味としては"オンライン上での合理的な契約システム"として理解しています。

具体的な用途やプログラムで説明しているサイトもありますが、スマートにコントラクトを処理しますよ!ってことで理解しておけば困ることはないと思います。

 

9/21追加

焼ケリュコニョカラダ

ポジションを持ったものの予想に反した相場となり苦しいことを表す言葉。

私がTwitterでフォローしている一部の方たちしか使ってない気もするが、、、

 

ICOInitial Coin Offering)

IPOの仮想通貨Verを指します。

仮想通貨発行の為のクラウドファンディングです(/・ω・)/

プロジェクト内容に対して投資者が出資して資金調達とする形になります。

対価にはプロジェクト独自トークンが発行されます。

イナゴ型の出資者は上場前後に値段が付いた瞬間売り抜けてしまうので上場後一時的に価値が下がる傾向にあります。

また、ICO自体は成立せず出資金が無駄になることも、、、(; ・`д・´)

 

いくで。やるで。リップル買い増しや。

某100億円PLAYERさんがツイートの語尾につける決め台詞。

どんな内容もXRP買い増しに結論が落ち着く魔法の言葉です( ^ω^ )

 ちなみに、最後の一言は応用可能。

全ての結論はそこに向かうッッ!!!

 

そろそろあいうえお順にソートしなきゃかな、、、

 

ではでは